読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTM 350SX-F と戯れる日々

ハンディーのモトクロス雑記帳

クラッチレバー交換

f:id:handie:20161230213722j:plain

クラッチレバーの曲がりをどうやって修理するか検討したところ、交換パーツでZETA製ピボットレバーというのを発見。転倒時にレバーが折れないよう、握るのと逆方向にも動くようになっているタイプ。純正パワーパーツもありましたが取り寄せに時間がかかるので、ZETAを選びました。こちらラフ&ロード川崎店に在庫あり、早速取り付けていただきました。フロントブレーキレバーもセットで交換して工賃は2,000円+パーツ代。助かりましたー。ちなみにハンドガードはハンドル回りにボリュームがでるとトランポ格納時の取り回しが悪くなるので今回は見送り。

 

曲がらない裏技

店員さんから「レバーの取付をちょっと緩めておく」という裏技も伝授してもらいやした。なるほど実際の転倒時はレバーが開く方向ではなく、レバーを上に押し上げる力がかかるようなので、その力を逃すための策とのこと、経験者の知恵ですね。ありがとうラフ&ロードさん。